オーダーメイドのペット名刺はこう使う!

ペット名刺の使い方やメリットなどを紹介します

動物病院やしつけ教室

犬動物病院やしつけ教室でもペット名刺が活用できます。猫や犬などのペットを飼っていると病院に連れていくこともありますから、その時に個体の情報を正確に伝えるのに名刺は役立ちます。家族同然に可愛がっているペットでも常に年齢や誕生日、健康状態などを把握しているとは限りませんし、動物病院で聴かれたときにスムーズに答えられないこともあるでしょう。

ペット名刺に誕生日や年齢、これまでにしたことのある病歴などを記載しておけばそれを獣医さんに渡すだけで伝えたいことをすべて伝えることができます。獣医さんとしても対応しやすいのではないでしょうか。急にペットの体調が悪くなって病院に連れていったときなどは特にペット名刺が役立つと考えられます。慌てているときはなかなか伝えたいことも口から伝えられないものですが、名刺なら渡すだけで伝えたいことを伝えられるのです。

しつけ教室などに連れていったときも同様に名刺が役立つでしょう。ほかにもドッグカフェや犬好き同士が集まるオフ会など、実にさまざまなシーンでペット名刺は使えます。可愛いペット名刺が作成できる業者もたくさんありますから、気になる方はペット名刺を作成してみると良いかもしれません。


<参考>
ペット名刺作成|デザイン名刺.net


飼い主同士の交流

犬ペット名刺をどのように活用するのか、利用するのかということですが、ペット名刺はさまざまなシーンで活用できます。まず、ペットの飼い主同士での交流に使うことができますし、実際多くの方はこうした使い方をしているのではないでしょうか。プライベートで飼い主がよそのペットの飼い主とコミュニケーションをとるときに使うことが多い傾向にあるのは事実です

ペット好き同士だといろいろと会話も進みますが、ペット名刺があればさらにコミュニケーションをとることが容易になります。ペットの名前や年齢などの情報がお互いに分かると接しやすくなりますし、そこから絆が深まるようなこともあるのではないでしょうか。初めて会った飼い主同士でも交流しやすくなりますし、こうした使い方はおススメと言えるでしょう。

引っ越しなどで知らない土地に来たときも、ペット名刺を渡すことで挨拶ができますし、コミュニケーションもとりやすくなります。このように、ペット名刺はプライベートにおけるさまざまなシーンで活用できますから持っておいて損はありません。特に人と会話するのがあまり得意でないという方だと名刺を持っておけば会話のとっかかりにすることもできるでしょう。


何を記載するか

そもそも、ペット名刺とは何なのか、どのような内容を明記するのかといった疑問を持つ方もおられるでしょう。名刺とは本来サラリーマン、ビジネスマンなどが営業のために用いるツールですし、ペット名刺と聴いてもイメージできない方がほとんどではないでしょうか。ペット名刺もビジネスマンが用いている名刺と同様、個々の情報を記載したカードとなります。

名刺営業マンの用いている名刺だと個人名や勤務先、所属している部署、連絡のつく携帯番号やメールアドレスなどが記載されています。最近では顔写真を名刺に印刷するようなことも増えていますが、基本的には上述したような内容がメインでしょう。では、ペット名刺はというと、こちらはペットのチャームポイントなどを記載するのが一般的となっています。

ペットの一番アピールしたい部分を名刺に記載していることが多いですし、ほかにも飼い主と一緒に暮らしている住所、年齢、誕生日と言ったペットに関するさまざまな情報を記載しています。ペット名刺にこれといったルールや決まりなどはありませんから比較的自由に作成できるのもポイントです。人によってはかなりユニークなペット名刺を作成して活用している方もいますし、さまざまなアイディアを形にできます。